頭痛持ち必見!妊娠&授乳中・産後の片頭痛の原因・対処方法・閃輝暗点について

育児ブログ
こんにちは!おからドーナツです!

頭痛って本当に辛いですよねぇ…これを読んでくれてるということは、きっと頭痛に悩んでいることと思います(T-T)頭痛持ちの人にはすごく親近感が湧きます!笑

目に見えない部分なので、辛さを理解してもらえないこともあるし、何と言っても頭の中のことだから心配ですよね。

30代の女性の3人に一人は頭痛に悩まされているというデータもありますよ!私だけじゃない・・・。

一緒に頑張っていきましょう(>_<)!!




①頭痛のタイプをチェック

まず、頭痛のタイプについてチェックしていきましょう!

頭痛には大きく分けて2つのタイプがあります。

一次性頭痛

片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛など、頭や体には頭痛の原因となる別の病気は見られない。

二次性頭痛

脳腫瘍や感染症など、別の病気が原因で起こる頭痛です。

②一次性の頭痛のタイプをチェック

ここでは、女性に多いとされる一次性頭痛の片頭痛・緊張型頭痛についてお話ししていきます。

まず、あなたの一次性頭痛のタイプをチェックしてみましょう!

<片頭痛>

  • 月に数回起こる、持続時間は数時間〜数日。
  • ズキンズキンと脈打つように痛む
  • 頭の片側あるいは両側が痛む
  • 動くと痛みが増す
  • 吐き気を伴ったり、光や音に敏感になる
  • 頭痛が起こる前に肩や首が凝る
  • 人によっては頭痛が起こる5〜20分前にチカチカギラギラする光が見えて視界が悪くなる前兆がある(閃輝暗点)

 

<緊張型頭痛>

  • 同じような痛みが毎日のように起こる
  • 締め付けられるように重く痛む
  • 頭全体や後頭部や首筋が痛む、めまいがあることも
  • ストレッチなど、動くと痛みが軽くなることがある

 

どちらのタイプでしたか?

両方当てはまるんですけど!!って方は、「混合型頭痛」です。私も同じくw

症状を見極めて、「今の頭痛はこっちのタイプだ!」と判断して、自分に合った対処法を見つけましょう!

③片頭痛が起きた時の対処法

  • 暗い静かな部屋で過ごす。痛い場所を冷やすと効果的です。
  • 痛くなりだしたら、コーヒーなどのカフェインを飲むと和らぐことがありますが、飲み過ぎは逆効果です。
    (カフェインが体からなくなったときに頭痛が起きてしまうカフェイン離脱頭痛が起きてしまうことがあります。)

<私のオススメ対処法>

  • こめかみに冷えピタ(肌が弱い人はかぶれに注意)
  • 冷凍庫に柔らかい保冷剤を常備
  • 外出先では夏は常に保冷剤持ち歩く、それができない時は冷たい飲み物をこめかみに当てる
  • 停電時に備えてパンチすると冷たくなる保冷剤も常備
  • 吐き気を伴う時はミンティアなどスースーするものを口に入れる
  • 妊娠&授乳中でない場合は、市販薬では吐き気を抑えられないので、酷い頭痛の時には吐き気にも効果があるトリプタン製剤(レルパックスやアマージ)を服用

 

④緊張型頭痛が起きた時の対処法

  • 散歩や柔軟体操などの軽い運動をする
  •  
    <私のオススメ対処法>

  • 肩や首に湿布を貼る
  • アロマなどでリラックスする

 

⑤頭痛の予防策

これまで、頭痛のタイプのチェックや対処法をお話ししました。

では、頭痛が起きないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

頭痛には個人差があり、自分の頭痛を理解することから対策を立てられるようになります。

どんな痛みだったのか、どのくらい続いたのか、どんな状況で起こったのか、これらを把握してメモしておくことが大切です!

お医者さんに相談する際にも役に立ちます♪

それでは予防策です↓

<片頭痛の予防策>

  • 強い光や騒音、人混みを避ける。
  • (PCやスマホの光を弱くするかPCレンズなどを使用する、日差しが強い日はサングラスをする)

  • 寝すぎ、睡眠不足を避ける。
  • (体内時計が狂うと自律神経が乱れて頭痛になりやすいです)

  • ストレスを溜めない
  • ワイン、チーズ、チョコレートの食べ過ぎに注意する
  • (好きなものを我慢するのはストレスなので、このくらいなら頭痛にならないなという加減を見つけよう!)

  • カフェインは適度に
  • (少しのカフェインはリラックス効果もあるので、こちらも自分の体に合った量を見つけましょう!)

  • 脳神経外科や頭痛クリニックで頭痛予防薬を処方してもらう
  • (私は片頭痛予防薬のミグシスでかなり改善しました!ただし、妊娠したい人はミグシスは×)

 

<緊張型頭痛の予防策>

  • 身体的、精神的なストレスを減らす
  • 長時間同じ姿勢をとらないようにする

 

以上、頭痛の予防策についてお話ししました!

ちょっとこぼれ話

頭痛は、周りの人の理解を得ることも大切だと思います。

以前テレビで見たのですが、頭痛持ちのお母さんの話。

子供から「お母さん、なんでいつもイライラしてるの??」って聞かれてしまったそうです。

頭痛があると、イライラしやすくなるんですよね。このテレビ見て涙が出てきました。

このお母さんは、心臓に小さな穴が空いていたそうです。赤ちゃんのころはみんな穴があって、成長とともに穴がなくなるのが普通だけど、たまに穴が空いたままの人がいるそうです。(えー!)

このお母さんは心臓の手術をして、頭痛のないハッピーな人生を歩んだそうです。

私ももしかして・・・と、思ったのですが心臓に関してはまだ調べていません!心臓の手術怖いし!!

こうゆうこともあるんだなと頭に入れておくといいと思います!

そして、お子さんがいらしたら、「今日は頭痛いからあまり遊んであげられないよ、静かにしてくれると嬉しいな、ごめんね」と伝えるといいかなと思います。

少しの痛みなら我慢して、口に出さない方も多いと思いますので。(私の母も、頭痛でも黙って家事頑張ってくれてました)

あと、大事なのはストレスコントロール!!

ストレスを減らすってなかな難しいことだと思いますが、小さなことからコツコツとやっていきたいですね!

私が実践中のストレスコントロール方法も別記事で書こうと思っています♪

それでは、頭痛持ちの妊娠中、授乳中の過ごし方、脳神経外科の先生に伺ったお話を次のページで書いてきます!


続きを読む
1 / 2

ピックアップ記事

関連記事一覧