妊娠中の花粉症でくしゃみ鼻水が止まらない!お腹の張りや影響、対策まとめ!

出産・産後・0歳児のおはなし
こんにちは!おからドーナツです!

妊娠中や産後、花粉に悩まされていませんか?鼻水やくしゃみが止まらないと辛いですよね!

妊娠中や授乳中だと薬の影響が気になる!飲んでも大丈夫なのか心配!

そんな時はまず産婦人科で相談するのがオススメですよ♪

それでは、妊娠中に花粉症になった時の注意すべき事や、妊娠中でもできる花粉対策を詳しく紹介します♪




妊娠中の花粉症は病院で薬を処方してもらおう!

妊娠中はホルモンバランスの影響で鼻の粘膜が過敏になあり、鼻水が出やすくなることもあるそうです!

妊娠中に花粉症が悪化しても、むやみに市販薬に頼るのは心配なので、病院の先生に相談するようにしましょう!

花粉症は耳鼻科のイメージですが、妊婦さんの場合はお薬を出してくれない病院もあるし、他の風邪や病気をもらうのも怖いので、産婦人科で妊娠中でも影響のないアレルギーを抑える処方薬と点鼻薬をもらうのがオススメです。

産後で授乳中の場合も、私は産婦人科で処方してもらいました♪

産院によっては「産後は耳鼻科に行って」と言われるかもしれないので確認してみてくださいね!

薬はどうしても不安だなぁ〜って方は、漢方を処方してもらう方法もあると思います。

漢方の場合は即効性があまりないとされてますが、体質に合わせて先生に相談してみてくださいね☆


妊娠中のくしゃみの影響、お腹の張りについて

妊娠中にくしゃみをすることは、お腹にはあまり影響ないと言われていますが、お腹に力を入れるくしゃみの仕方を何度もするとお腹が張ることがあるので気をつけましょう!

産婦人科の先生に頂いたアドバイスは「おじさんのように大きな声でハックショーーーーン!と言う」です!

無理にくしゃみを小さく抑えるよりは、その方がお腹に力が入らないらしいですよ〜!

ちなみに私、くしゃみをしすぎたのと、便秘に悩まされたせいで、妊娠初期に子宮内の胎盤付近に大きな出血がありました。

その出血が多くなって外に出ると、胎盤が剥がれる可能性があるので安静にするように言われました。。。

2週間ほど、自宅のベッドで安静にして過ごしたおかげで、出血は外に出ることなく子宮内で吸収されたので無事に赤ちゃんが育つことができました!

こんなこともあるのでくしゃみのしすぎには気をつけてくださいね〜!!

後、妊娠中って便秘になりやすいし、アレルギーの薬の副作用で更に便秘になりやすいこともあるので、先生に相談してお薬を上手に使ってくださいね☆

便秘で踏ん張るのもお腹が張ってしまう原因なので!するっと出しましょうw

それから、妊娠中や産後は骨盤が広がるので、尿漏れしがち!

そんな時は、足をバッテンにクロスしてくしゃみするといいですよ♡


妊娠中の花粉症の対策

  • 花粉の多い日や、日中の一番飛びやすい時間を避けて外出する。
  • 外出の際は、帽子やメガネ、マスクをする。上着はシャカシャカしたナイロンの方が花粉が付きにくい。
  • 家に入る前に、体についた花粉を叩いて落とす。家族にも協力を!
  • こまめに掃除をする
  • 空気清浄機を使う
  • 洗濯物は室内干しにする
  • 疲れを溜めないようによく眠る
  • ヨーグルトを食べる(妊娠中になりやすい膣カンジダにも効果あり!)


まとめ


いかがだったでしょうか?

花粉症かなと思ったらまず産婦人科で相談!

花粉症の対策をして、疲れを溜めないようにゆっくりと過ごすのが大事です!

妊娠中は体がとても敏感になってるので、無理せずに過ごしてくださいね〜☆

私は1人目を出産した後くらいから花粉症になってしまい、毎年辛いです!これも産後の体質変化なのか・・・?

春が大好きだったのに苦手になってます;早く花粉シーズン終われー!!

ではまた♪

妊娠・出産で使えるプレママLINEスタンプ作ってます

お知らせ

このブログで使用しているイラストは私【おからドーナツ】が描いています♪

LINEスタンプで販売しているイラストなので、気に入っていただけたらスタンプショップもCHECKしてみてくださいね☆

ママさん向けや、敬語やシンプルで使いやすいものなど200種類以上♡

LINEスタンプショップはこちら

おからドーナツの人気スタンプランキングはこちら

 

 

※使い勝手やシーン別で様々なおすすめスタンプのまとめ記事を書いてます

▶︎LINEスタンプおすすめまとめ記事はこちら

 

Twitterやインスタでは日常の育児4コマなど発信しています♪
フォローしていただけると嬉しいです♡

ピックアップ記事

関連記事一覧